認知症リスクを下げるために取り入れたい5つの習慣

認知症のリスクを下げるには、身体的かつ精神的に活動的であることが欠かせません。循環や神経連結を活性化するためです。また、社会や人と関わることも大切です。

認知症の予防には対人関係が鍵です。

残念ながら、認知症は進行し、いずれ脳の機能の大部分に影響を及ぼすこととなるでしょう。ですが、普段の生活にある習慣を取り入れることで認知症のリスクが下がるかもしれないのです。

今日は、感情の安定を図ること、アクティブに過ごすこと、脳の活動を活発化させることの重要性についてみていきましょう。

 

認知症

認知症は、特定の知的能力の喪失または低下という特徴を持ちます。記憶や行動、認識力が特に影響を受けるでしょう。

残念ながら、この機能の退化は慢性的なものであり、進行性のあるものであることが多いようです。この病気は年配の方に起こることが多く、進行すれば、患者はいずれ完全に他人に頼らなくてはいけなくなるでしょう。

遺伝的素因に加え、以下のような要因が認知症のリスクを上げることにつながっているかもしれないとされています。

  • 高血圧
  • 高コレステロール
  • 喫煙
  • 糖尿病
  • うつ
  • 意識を失うほどの頭の怪我
  • 脳血管疾患
  • 水銀などの重金属にさらされる

 

こちらも合わせてどうぞ:マグネシウムがあなたの知的能力を上げてくれる5つの理由

 

認知症リスクを下げるためには

1. 記憶力のトレーニング

認知症のよくある症状の一つが、記憶の喪失です。そのためには、毎日記憶力のトレーニングをすることをお勧めします。

  • 毎晩寝る前には、その日一日に行ったことを思い出しましょう。
  • 新しい場所に行く、新しい活動をする、新しい人に出会うことが記憶力のトレーニングにつながります。新しく知ったこと、学んだことを思い出すことにもフォーカスしましょう。

こちらも合わせてどうぞ:記憶力アップに役立つ10の方法

 

2. 能力を刺激する

数字が好きな人がいれば、文字や言葉が好きな人もいます。どちらにしても、能力を刺激するエクササイズをすることが大切です。

数字に興味のある人は、人気の数独をするのが良いでしょう。言葉や文字の好きな人は、本を毎日読むと良いでしょう。

3. 会議やディベートに参加する

他の人との関わり合いや他の考え方を知るなどの社会的活動は脳を刺激し、認知症のリスクを下げてくれるかもしれません。例えば、会議などに参加し、意見を交換することは脳の活動を促してくれるでしょう。

意見を交わしたり口論することは神経細胞を働かせ、認知症が影響しやすい様々な能力を再開してくれるでしょう。

言語、話し合い、友達との会話を通して記憶力や論理的思考、ひらめきの力が鍛えられるでしょう。これはとても大切なことです。アルツハイマーのような病気は、新しい情報を学ぶという人間の能力に影響を及ぼすからです。

4. 感情の安定を図る

さらに、認知症の患者にとって、家族の愛と理解はとても大切です。

残念ながら、愛する人の変性疾患に耐えられなくなるという人は多いようです。ですが、患者の感情の安定を図ることが、患者の生活の質の改善につながるのです。

そのため、患者へのケアは包括的でなくてはいけません。さらに、生理学的、社会的、感情的ニーズが満たされていなくてはいけません。信じられないかもしれませんが、これが認知症のリスクを下げることにつながるのです。または、すでに認知症を発症している場合は、進行を遅らせることにつながるかもしれません。

5. アクティブに過ごす

今日ご紹介する、認知症のリスクを下げるのに役立つ習慣の最後は、身体的な活動です。身体だけでなく精神的にも改善を促すアクティビティであればなお良いでしょう。体を動かす運動は心臓の健康や循環を改善してくれます。したがって、この変性疾患のリスクを下げられる方法は、生き生きとした活動的な生活を送ることだと言えるでしょう。

エクササイズは1日30分以上行いましょう。それも、チャレンジを必要とするような運動が良いでしょう。

年老いて変わり行く自分や家族の姿を前向きに、皆が愛を持って受け止められるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です